アイメイクをマスターすれば、女優顔も夢じゃない!?
化粧の醍醐味ともいえるアイメイク。目は顔の印象を左右する重要な部分。そのため、アイメイクの描き方によっては、まるで別人のように変身することだってできちゃいます。皆さんも目元を上手に化粧することで、憧れの顔を手に入れちゃいましょう!

初心者女装子のためのアイメイク講座
【まぶた&目の周辺】
①太めのシャドウブラシでアイホールカラーを少量取り、アイホール(まぶた全体)を薄く色づけします。これは瞳を立体的に見せるテクニック。パーティーやイベントなど華やかな格好をするとき以外は、つけているか分からない程度にするのがポイントよ。

②次に、アイシャドウを重ねます。アイシャドウチップにインナーシャドウ(色味の濃いほう)を少量取り、軽く指ではじいて余分な粉を落とし、目の際に細くのせ、目全体の3分の2くらいのところまで、なだらかな山形(ブーメランのような形)に伸ばしていきます。

③アウターシャドウ(色味の薄いほう)を同じようにチップに取り、ブーメランのさらに上側につけ足していきます。ワイパーのようにチップを左右に動かすとキレイにできるわ。慣れてきたら、目尻から瞳までの涙袋の部分にも色をのせましょう。

④シャドウブラシで全体をぼかし、グラデーションを作ります。

⑤最後にアイラインを引きます。アイライナーにも色々な種類があるけれど、初心者には液もれしにくく、太さの違いが出にくい、ペンタイプのリキッドアイライナーがおすすめ。

アイラインを引きたい側の目を半開きにし、アイライナーを持っていない手でまぶたを上に少し引っ張り、鏡を見ながら目元より3ミリ内側からゆっくり目尻に向かって引きます。目尻の部分を少しだけ上に上げると印象的な瞳になるので、ぜひ試してみてね。

【まつげ】
①鏡を目線のやや下方向に置きます。

②カールするほうの目を半開きにして、まつげの根元を挟みます。1回目は根元を少し強めに、2回目以降は力を抜いて、少しずつまつげをカールさせます。ここでのポイントは、1回で終わらせないこと。1回だけだと仕上がりが不自然になってしまうので、通常なら4~5回、まつげのボリュームが少ない人でも最低2回は行ないましょう。

③次にマスカラを使います。マスカラも種類が豊富だけれど、初心者にはあまり繊維が入っていないウォータープルーフタイプがおすすめ。
まず、マスカラを取り出す際は容器のふちなどを使って、軽くボリュームを落としましょう。適量を取ったらカールしたまつげに沿って、下から上へとマスカラを塗っていきます。ここでも1回で済ませようとせず、何回も繰り返すことが大事。目の下に付いてしまったときは、綿棒でキレイに拭き取ってね。

④マスカラを縦にしてまつげの端の部分のボリュームをアップさせます。

⑤つけ終えたらうちわやミニ扇風機などを使って、まつげを乾燥させましょう。

アイメイクのテクニックで、ぱっちりおめめを手に入れよう!
アイメイクの仕方は分かりましたか?
目元は顔の中でも特に目立つパーツ。
会話するときも、たいていの人は相手の目を見るわよね。
そんな大切な箇所だからこそ、化粧も丁寧にして欲しいモノ。
素敵な女装子になるためにも、細部までしっかりチェックしましょうね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

*おまたせいたしました!*女装子完全ガイド本*完成いたしました。

『週道』 青山レイコ

~私、普段はまじめなサラリーマンです~

2017年4月20日発売  みらいパブリッシング社  

どうぞよろしくお願いいたします♥

http://amzn.asia/0R9PuUp