女っぷりをアップさせる魅惑のチーク術
今日はメイクをする時間がない! という女性でも欠かさず行うのがチーク。
たったひと刷け入れるだけで、仕上がりが大きく変わってくるから、ぜひ女装子のみんなもやってみて。
チークを入れれば、可愛さやセクシーさも今まで以上にアピールできるはず。
ここでは、入れ方一つで大人っぽさから無邪気さまで演出できるチーク術を教えるわ。

初心者女装子のための簡単チーク講座
①チークブラシに少量のチークを取り、親指の脇でさっと払い、余分な粉を落とします。カラーはピンク、オレンジ、ブラウンの3色が基本だけれど、おすすめなのは肌に自然になじむピンク系。チークは薄い色を何度も重ねるより、濃い色でサッとひと刷けしたほうがナチュラルに見えるわ。そのため、若干濃いめの色を選ぶようにしましょう。

②チークを入れます。セクシーさや知的な印象を与えたいときは、耳の上のほうから口元に向かって縦に、幼さや可愛さをアピールしたい場合は頬骨から耳の下に向かって横に入れて。また、昼間の外出の際は薄めに、パーティーなど夜間のイベントに参加するときは濃いめにするなど、シチュエーションに合わせて入れ方を変えられるとGOOD!

シチュエーション別チークの入れ方
女装子のイメージを大きく左右するチーク。
チークの色選びを間違えるだけで、「何か今日のお化粧似合ってないね」と言われてしまう可能性もあります。
ベストな化粧をするには、シーンによってチークのカラーも変える必要があるわ。
では、一体どんなシチュエーションのときに何色のチークを選べば良いのかしら?
レイコの意見をお伝えします。

1.元気いっぱい明るさをアピールしたいとき
元気な女の子を演出したいときは、明るめのオレンジ・ピンク・レッドなどを選びましょう。
これらのカラーをひと刷けするだけで、肌の血色が良くなるわ。
Tシャツとデニムといったカジュアルな服装や、チアガールの衣装を着るときなどは、ぜひ上記の色を選択してね。

2.可憐な少女らしさをアピールしたいとき
女の子らしさやお姫様っぽいフリルの衣装を身につけるときは、コーラルピンクやベビーピンクといった柔らかい感じのピンクがおすすめ。
これらの色を塗った途端、女子力アップ! 思わず守ってあげたくなる可憐さを醸し出せます。
ロリータ系の服装やガーリーな衣装が好きな人はぜひ選んで。

3.大人っぽさをアピールしたいとき
パーティーや露出のある衣装など大人の色気を演出したいときは、ベージュ系を選択してみて。
ピンクやオレンジなどに比べて華やかさにはやや欠けるけど、その分知的なセクシーさを醸し出せます。
女教師の服装や保健室の先生の白衣を着るときは、ベージュのチークで大人の女装子を目指してみてはいかが?

チークの選び方で、衣装の魅力も変わる!
正しいチークの入れ方は分かりましたか?
チークもカラーや使い方によって、その人の印象を大きく変えてしまうアイテム。
だからこそ、上手に利用することが大事!
その日の衣装をより魅力的にするためにも、最適なチークを選ぶようにしましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

*おまたせいたしました!*女装子完全ガイド本*完成いたしました。

『週道』 青山レイコ

~私、普段はまじめなサラリーマンです~

2017年4月20日発売  みらいパブリッシング社  

どうぞよろしくお願いいたします♥

http://amzn.asia/0R9PuUp